2010年11月アーカイブ

本日11月28日、現代能楽集Ⅴは千秋楽をむかえました。

たくさんのお客様にご来場いただきましてありがとうございました。

そしてスタッフ・キャストの皆さまお疲れさまでした!!

gendainogakusyu01.JPG

舞台の様子とクレジットです。

某日、ポストトークを行いました。

今回は、演出・倉持さん&出演の岡本健一さん・久世星佳さん・ベンガルさん・西田尚美さんです。

みなさんが、稽古でのエピソードや、作品に対する思いをおはなししてくださり、

和やかで笑のたえない、たのしいポストトークとなりました。

 

pt1124.JPG

 

 

上演中の現代能楽集Ⅴ、昨日の夜公演終了後ポストトークを行いました。

創作にまつわる楽しいお話がたくさん。

本作の上演がいかに有意義なものか、感じとることができました。

(左より、演出・倉持裕さん、劇作・川村毅さん、芸術監督・野村萬斎)

talk1120.JPG

次回は24日夜公演終了後におこないます。

出演は:倉持さん+岡本健一さん+久世星佳さん+ベンガルさん+西田尚美です。

11月16日にプレビュー公演、そして17日の舞台稽古を経て、18日本初日をおえました。

28日まで上演しております。ぜひご来場ください。

CA3C0133.jpg

◆上演時間◆
 約2時間20分(休憩あり) を予定しております。
   1部 80分 「春独丸」「俊寛さん」
   休憩 15分
   2部 45分 「愛の鼓動」

------------------------------------------------
◆当日券◆
 開演の60分前より、シアタートラムロビー当日券受付にて販売いたします。

◇前日までの予約◇
   
劇場チケットセンター(店頭&電話)19:00まで
   
劇場オンラインチケット 23:59まで受付いたします。

            

 

シアタートラムで仕込み始めてから5日が経ちました。

楽屋風景とともに、本作に携わってくださっているデザイナーさんたちをご紹介します。

 

まず楽屋入りして最初にやるのはこちら

↓これは着到板。各人の劇場入退出とともにひっくりかえします。

(劇場にいる人は黒、いない人は赤。)

 CA3C0394.JPG

 一か月ほど稽古を行ってきた現代能楽集ですが、

いよいよ本日が稽古場での稽古最終日となりました。

 

------------------------------------------------------------------------------------------- 

10月から稽古を行ってきた現代能楽集、

いよいよ本日より劇場にて仕込み開始です!

 

gendainogakusyushikomi111103.JPG

第一部、『春独丸』の題材は、左衛門尉通俊に追い出された子の俊徳丸が、

悲嘆のあまりに盲目になるも、再び通俊と出会い、里に帰って行く『弱法師』。

 

syuntokumaru2.JPG 

現代能楽集では母親と息子という切り離せない関係に焦点を当てた物語として

上演します。

女を演じるのは久世星佳さん、春独丸を岡本健一さんが演じます。

 

現代能楽集は3つの小作品のオムニバス形式です。

鬼界ヶ島に流刑されていた成経と康頼、俊寛が、大赦を受けるも、

俊寛だけが残島を命じられるという『俊寛』に材をとった『俊寛さん』。

幕間狂言のような、コメディです。

 

現代能楽集Ⅴ『「春独丸」「俊寛さん」「愛の鼓動」』の公演情報をお知らせいたします。

公演日程:2010年11月16日(火)~11月28日(日)
劇場:シアタートラム

■情報更新中!■

【現代能楽集Ⅴ『「春独丸」「俊寛さん」「愛の鼓動」』】 特設サイト
【Twitter】  http://twitter.com/gendainogakusyu

20101116_blog.jpg

-------------------------------------------------
ロビー開場(ロビーまでお入りいただけます)は 開演の60分前 です。
客席開場(客席までお入りいただけます)は 開演の30分前 です。

◆上演時間◆
 約2時間10分(休憩あり) を予定しております。
   1部 70分 「春独丸」「俊寛さん」
   休憩 20分
   2部 40分 「愛の鼓動」

------------------------------------------------
◆当日券◆
 開演の60分前より、シアタートラムロビー 当日券受付にて販売いたします。

◇前日までの予約◇
   劇場チケットセンター(店頭&電話)19:00まで
   劇場オンラインチケット 23:59まで受付いたします。

<現代能楽集Ⅴ>SPT発売決定

劇場自らが今後の芸術的な方向性を模索して研究するための「場」として

劇場理論誌「SPT」を発行しています。

 

SPT07表紙.jpg

 

SPT07

特集 古典のアップデート翻案・脚色・置換の方法論

 

世田谷パブリックシアターは「現代能楽集シリーズ」で、

伝統演劇の発想を活かした演劇の総合芸術化の試みを続けていますが、

古典の方法を視座に据えた舞台表現は、

他にもさまざまな手法で試みられています。

古典を現代にアップデート(更新)し、新たな血を通わせるには

どのような方法論があるのか。

SPT07」では、

古典の知恵と洗練を現代に還元する試みにスポットライトをあて、

翻案・脚色・置換などの背景にある発想の原点に迫ります。

 

 

今回の現代能楽集は、3つの作品のオムニバスです。

「愛の鼓動」の稽古の様子をおとどけします。

gendainogakusyu4.JPG

『愛の鼓動』は、

庭掃の老爺が、女御に恋慕したのを知って

綾張りの鼓を鳴らしたら思いを叶えてやろうと難問を出すも、

鼓は鳴らず老人は池に身を投げ、こんどは悪鬼となって現れるという、

妄執の能『綾の鼓』をもとにしています。

本作では川村毅さんの劇作により、監獄を舞台に、

女因とある男を軸にした物語として描きます。

 

 

<現代能楽集Ⅴ>夏には撮影も!

稽古に先駆けて、8月には宣伝美術の撮影を行いました。

320580_592585081_132large.jpg

 

 

このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01