<現代能楽集Ⅴ>本日稽古場での稽古は最後でした。

 一か月ほど稽古を行ってきた現代能楽集ですが、

いよいよ本日が稽古場での稽古最終日となりました。

 

------------------------------------------------------------------------------------------- 

第一部は能「弱法師」を題材とした春独丸。

 

女:久世佳星さんと春独丸:岡本健一さんが演じる母子のはなし。

 

 

syuntokumaru4.JPG

さらに小野寺修二さんによる振付も冴えわたります。 

 

syuntokumaru5.JPG

 

 

第二部は「俊寛」を題材とした「俊寛さん」。

遠い遠い島に流された俊寛さんを演じるのは小須田康人さん。

おなじく島に流された成経を粕谷吉洋さん、康便を玉置考匡さんが演じます。


  syunkansan4.JPG

 

 

 

 第三部は「綾の鼓」を題材とした「愛の鼓動」、

刑務所を舞台に、刑務官の男と死刑囚の女のおはなしです。

男はベンガルさん、女は西田尚美さんが演じます。

 

ainokodo3.JPG

 

 

ainokodo4.JPG

 

 稽古を見つめる演出・倉持裕さんと小野寺さん。

 

gengainogakusyu110513.JPG

 

 

倉持演出は、まったく趣向の異なる三つの戯曲を、

それぞれの魅力際立つ作品へと昇華させています。

これまでの倉持さんの作品ともまた違う、すばらしい作品となっています。

ぜひ劇場へお越しください。

16日から上演です。

 

このブログ記事について

このページは、reporterが2010年11月11日 19:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「<現代能楽集Ⅴ>本日より劇場にて仕込み!」です。

次のブログ記事は「<現代能楽集Ⅴ>いよいよ明日はゲネプロ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01