<現代能楽集Ⅴ>稽古レポート 「俊寛さん」編

現代能楽集は3つの小作品のオムニバス形式です。

鬼界ヶ島に流刑されていた成経と康頼、俊寛が、大赦を受けるも、

俊寛だけが残島を命じられるという『俊寛』に材をとった『俊寛さん』。

幕間狂言のような、コメディです。

 

現代能楽集では横領や不倫という理由で東京を離れた3人が、

会社や仕事といった現実を忘れさせてくれる島で繰り広げる、

仲睦まじい様子も見どころの一つです。

俊寛を小須田康人さん、成経を玉置孝匡さん、康頼を粕谷吉洋さんが演じます。

 

syunkansan3.JPG

 

玉置さんと粕谷さんと小須田さんのゆるゆる〜とした空気感で笑いがとまりません。

後半に登場するベンガルさんと麻生絵里子さんのとぼけた雰囲気!

笑いすぎて涙がでました・・・。

このブログ記事について

このページは、reporterが2010年11月10日 11:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『「春独丸」「俊寛さん」「愛の鼓動」』 上演について」です。

次のブログ記事は「<現代能楽集Ⅴ>稽古レポート 「春独丸」編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01